KAGAMIのお気楽ブログ

このブログは私が普段生活する中で、役立ちそうな情報や為になった物をお伝えするブログとなっています。

料金プランを見直して電気代を安くする方法【はっきり言ってこの方法が一番効果があります】

Girl, Mother, Daughter, Mum, People, Family, Female

 

こんにちは!!KAGAMIです。

 

 

電気代が高くて悩んではいませんか?

 

 

電気代は毎月支払いが発生するもので、金額が高いと生活の負担になる恐れがあります。

 

 

安ければ安いほど嬉しいですし、金銭面でも負担がなくなるので出来れば安くしたいですよね。

 

 

電気代をどうにかして安くしようと必死に節約を頑張っている人や電気代を安くする方法を知りたい方は多いと思います。

 

 

ここで私が、良い声を大にして言いたいことがあります。

 

 

それは、「電気代を安くする方法は料金プランの見直しが一番効果が高い」ということです。

 

 

私は、家を建てて引っ越しする際に電気料金の見直しをしたのですが、目に見えて電気代が安くなったので、今回は料金プランの見直しの重要性を説明します。

 

 

節約をいろいろと頑張っている人の少しでも力になればと思いますので、参考にして頂けたら嬉しいです。

 

 

 

料金プランを見直して電気代を安くする方法

 

People, Father, Daughter, Smile, Happy, Hug, Carry

 

料金プランが原因で高くなっているかも

 

なのにも考えずに料金プランを見直さないと、今契約している料金プランが原因で電気代が高くなっている可能性がありります。

 

 

なぜ料金プランが原因で電気代が高くなるか、その理由を説明します。

 

 

昔の料金プランのまま使っている

電気のプランを見直さずに昔のプランをそのまま使っている場合は電気代が高くなっているかもしれません。

 

 

昔の料金プランは高い料金のものが多く利用者が変更の手続きをしないと、高いプランを継続して使っているパターンが非常に多いです。

 

 

電力会社はわざわざ私たちに「安い料金プランがあるので変更して下さい」などと言ってはきません。

 

 

利用者が電気料金のプランを意識しないと、いつまで経っても電気代は高いままなのです。

 

 

料金プランが生活スタイルに合っていない

もしかしたら、使用している料金プランが生活スタイルに合っていないかもしれません。

 

 

生活スタイルに合っていないとはどういう事かというと、例えば「日中は家に誰もいないが夜は家族全員いる→夜の電気料金が高いプランに入っている」パターンです。

 

 

このパターンだと電気料金が高い夜に電気をたくさん使ってしまうので、いくら節約を頑張ったとしても電気代は高くなる一方なのです。

 

 

あれこれ節約の方法を調べたところで、元の料金が高ければせっかく頑張って節約をしても意味が無くなってしまいます。

 

 

このように自分の生活スタイルに合っていない料金プランに入っていると電気代が高くなってしまいます。

 

 

高い電力会社になっている

電気料金が高い会社に入っている場合も電気代は高くなります。

 

 

電気料金は、携帯会社と同じように各社値段設定が違いますので何も知らずに高い値段設定の会社に入っていると損をします。

 

 

また、電気料金は定期的に値上げをしており値段の上げ幅も会社ごとに違うので気付かないうちに自分の入っている会社の電気料金が高くなっているかもしれません。

 

 

「なんか最近、電気代高いな~」と感じるときは、電気料金が上がっていないかを疑った方が良いと思います。

 

 

電力会社を信用しすぎると、相手も思う壺になってしまいずっと電気代が高いままになってしまうのです。

 

 

料金プランを見直すことが非常に重要なのです

 

Girl, Teen, Smartphone, Russian, Coffee Shop

 

以上の説明で、電気代が高くなる原因に電気料金プランが関係していることがわかったと思います。

 

 

ここからは、電気料金を見直すとなぜ電気料金が安くなるのかを説枚します。

 

 

最新の料金プランは様々なプランがある

 

現在、各電力会社からは様々な料金プランが出されています。

 

 

身近なところで言うと、スマホの料金プランをイメージするとわかりやすいです。

 

 

スマホの料金プランは利用する人のニーズに合わせて色々な種類の料金プランが出されています。

 

 

電話をたくさんする人用や動画をたくさん見る人用など利用者の使い方に合わせた料金プランがありますよね。

 

 

自分に合った料金プランを選ぶことで、料金料金を最大限に安くできるのです。

 

 

電気料金のプランも同じです。

 

 

電気の使い方も、人それぞれ生活スタイルが異なりますから自分の生活に合った料金プランを選ぶ必要が出てきます。

 

 

例を上げると、「季節や時間に関わらず日中に電気を多く使う人向け」、「日中は家にいないから夜に電気を多く使う人向け」、「週末に家事や掃除をまとめてやるから休日に電気を多く使う人向け」など本当に様々な料金プランがあります。

 

 

例であげたように、様々な種類の料金プランがありますから自分の生活スタイルに合った料金プランが必ず見つかるはずです。

 

 

自分の生活スタイルに合う料金プランを選ぶことで電気代は必ず安くなるので電気料金のプランを見直すことは非常に重要なのです。

 

 

せっかく安いプランがあるのにそれを使わないのはもったいないですよね。

 

 

自分の生活スタイルにあったプランを選べる

 

料金プランには様々なプランがありますので、自分の生活スタイルに合ったプランを必ず選ぶことができます。

 

 

昔のように、料金が一律で一つの料金プランだけという状況はなくなってきています。

 

 

例えばですが、現在の世の中の家庭は共働きが多いので昼間は家に人がいないことが多いと思います。

 

 

そんな人には、ぜひ「夜間の電気料金が安いプラン」を選んでほしいです。

 

 

「昼間は人がいなく電気を使わないが夜の時間帯は大量に電気を使う」のに、一日中料金が同じの場合のプランだといくら節約を頑張ってもある程度の限界が必ずきてしまいます。

 

 

そんな人が、「夜間の時間帯は料金が安いプラン」に変更すると、頻繁に電気を使う夜は電気料金が安くなっているので自然と電気代は安くなっていきます。

 

 

逆のパターンで、昼間に電気を多く使う方は昼間の電気代が安いプランに変更するだけでいいのです。

 

 

人それぞれ生活スタイルが異なるので、自分に合ったプランを選ぶことが最も効率的で一番の節約効果があります。

 

 

現在は多数の電力会社が存在している

 

現在は、昔と比べると電力会社の数がもの凄く増えています。

 

 

増えた理由は、2016年に「電力の自由化」が行われたからです。

 

 

「電力の自由化」とは、今まで電力の販売は旧電気事業者に独占されていたものが全面自由化され、さまざまな業種の企業が電力の販売ができるようになったことをいいます。

 

 

先ほど説明した、電気料金プランの種類が増えた理由も「電力の自由化」により様々な企業が電力を販売できるようになったからだといえます。

 

 

電気の販売を競い合わせることにより、電気を売ろうとして企業側がいろんな工夫をするからですね。

 

 

販売を競い合わせたことによって、電気料金自体も各会社ごとに料金が変わってきます。

 

 

当然、高い会社もあれば安い会社もあります。

 

 

もしかしたらあなたが現在契約している電気会社よりもずっと安い料金の電気会社があるかもしれません。

 

 

なので、電気料金を見直して電気料金の安い会社を見つけることが大切なのです。

 

 

高い会社と契約していては、いつまで経っても電気代を安くすることはできません。

 

 

電気代が安い会社はとてもお得で、使っているだけで電気代は以前よりもずっと安くなりますから、他の電気会社に目を向けてみるといいと思います。

 

 

けっこう有名な名の知れた会社も電力の販売を行っていますから、思ったよりも気軽に電力は比較できると思います。

 

 

今よりも視野を広げて、電力会社を変更することが節約につながります。

 

 

電力会社、料金プランの変更でトラブルは絶対におきません

 

Girl, Flower Bed, Flowers, Bed, Lying, Blonde, Pretty

 

電力会社または料金プランを変更して、なにかトラブルが起こったら不安だなと思う人もいると思います。

 

 

ですが、結論としては「電力のトラブルは絶対におきません」

 

 

その理由を説明します。

 

 

今までと変わりなく使える

電力会社や料金プランを変更しても停電することはありません。

 

 

電力が足りないときは、東京電力のパワーグリッドなどの地域の送配電事業者が電力を供給するように法律で決まっているからです。

 

 

停電は一番おこってはいけないトラブルです。

 

 

停電が起きないように法律がきちんとされてますから、絶対に安心といえるでしょう。

 

 

災害時の対応に差はない

 

電力会社や料金プランを変更して、もし台風や地震で停電がおこったとしても電気の復旧や対応に差はありません。

 

 

災害時の停電も、地域の送配電事業者からの供給に切り替わります。

 

 

不測の事態の場合、その地域が一斉に停電するので電力会社によって復旧のスピードや対応に差はありません。

 

 

つまり、災害時はみんな停電するし、復旧するときはみんな一緒に復旧します

 

 

自分の所だけ電気が送られてこないなんてことは絶対におきないので安心して下さい。

 

 

電力会社が倒産しても停電はしない

安い電力会社に切り替えて、もしその会社が倒産したら停電になってしまうと考える方もいると思いますが、その心配もありません。

 

 

法律上の決まりで会社が倒産する場合は、事前に通知を送らなければなりません。

 

 

大手電力会社に自動で切り替えるか、別の会社に切り替えるかを選ぶことができます。

 

 

なので、最悪放っておいても信頼の大手電力会社に自動で切り替わるので安心して下さい。

 

 

知らない会社だけど大丈夫なの?

 

電力の自由化により様々な企業が電力を販売できるようになったので、電気料金の比較を行うと必ず知らない会社が出てきて不安に思うと思います。

 

 

ですが、心配ありません。

 

 

電気を販売するには、運営体制や電力の供給能力などに関して経済産業省の審査を受けて、小売電気事業者として登録する必要があります。

 

 

きちんと国の審査を受けているので、全て信頼できる会社です。

 

 

電力会社、料金プランの変更は億劫だが手続きは簡単です

 

Asia, Kimono, Geisha, Ceremony, Chinese, Dress

 

電気料金、料金プランの変更はいろいろな手続きやに面倒なことがたくさんあると思われがちですが、意外と簡単に行えます。

 

 

手続きは簡単

 

一番面倒そうな手続きですが、ここは本当に簡単です。

 

 

ざっくり説明すると、電力会社や料金プランを決めて必要な項目を記入し申請するだけです。

 

 

家庭によって変わると思いますが、難しい資料を用意したり他の業者に連絡するなんてことは一切ないので簡単です。

 

 

行動を起こすまでは億劫ですが、思い切って行動してしまえば意外とスムーズに行えます。

 

 

安い会社やプランは便利な比較見積もりですぐに見つかる

 

安い会社やプランは一瞬で見つけることができます。

 

 

理由は、「便利な一括比較サイト」があるからです。

 

 

一括比較を行うことにより、今の電気料金と他のプランの料金を比較して最も安い料金のパターンを見つけることができます。

 

 

一括比較は、大手の有名な電力会社や独自のプランをもった会社などを無料で見つけることが可能なので使った方が手っ取り早く探せます。

 

 

どのパターンも先ほど説明したように、安心できるものばかりなので大丈夫です。

 

 

 

まとめ

電気料金を安くするためには料金の見直しが最も効果的です。

 

 

一度切り替えてしまえば、この先ずっと安い料金で生活できるのでめちゃくちゃ楽ですよ。

 

 

行動するのは億劫ですが、勇気を持って前へ踏み出しましょう。

 

 

みなさんも電気料金の悩みがなくなるように頑張って下さいね。

 

 

電気代の比較はここでできます。